妊娠線はクリームを付けるだけで簡単に治せる

お腹

リスクが高い人の特徴とは

妊娠線のトラブルで悩みやすいのは、乾燥肌の人や多胎妊娠をしている人、また急激に体重が増えた人や二回目以降の妊娠をした人です。リスクの高い人は、ヒアルロン酸やセラミド、シアバターなど、保湿効果の高い成分を配合したクリームを使いケアしましょう。

妊娠で生じる線を防ぐには

クリーム

主因を知って適切にケア

妊娠後、およそ5カ月から7カ月が経ちますとお腹も膨らんできますが、その頃から生じ始めるのが妊娠線です。妊娠線の本数は人によって異なり、1本から10本以上など幅があります。さらに生じる場所も、腹部や胸部、それに臀部や太腿など様々です。この妊娠線は角質層などの表皮で発生するのではなく、その下層にある真皮が断裂することで生じるのが主な原因となっています。妊娠線はお産が終わった後に薄らいでいきますが、完全に消えて元通りの肌になることはありません。ですから専用クリームなどを使って、予防しておくことがおすすめです。そのためにも、妊娠線が発生するプロセスや要因をしっかり押さえておきましょう。基本的に妊娠線は、赤ちゃんができたことで体重が急速に増えることに起因します。そして、腹部や胸部が大きくなる速さが、肌の伸びる許容限度を超えた時に断裂が起こり、妊娠線となって現れるのです。妊娠による体の膨らみ度合いや速度は人によって違うため、妊娠線の出る場所や本数が違うのも、それが原因になっています。いずれに致しましても、皮膚の伸びが成長に追いつかないことが主因ですから、保湿クリームなどを使って肌に潤いを与え、柔軟性を保っておくことが肝心です。乾燥して弾力が衰えた肌では伸縮性が乏しく、真皮の断裂も起こりやすいので、妊娠線対策専用のクリームを使って適切にケアしましょう。クリームを購入する時は保湿成分がたっぷり入った物を選ぶことはもちろんですが、つわりの時期では匂いが気になる場合もありますから、香り成分も忘れずにチェックしてください。

ウーマン

妊娠後期が最も危険な時期

妊娠線のできる時期は人によって違い、統計的には妊娠後期が多いですが中には初期からでき始める人もいます。妊娠線予防のために作られた専用クリームには有効成分が十分に含まれているだけでなく、製品によっても特長を持っているので自分の目的に合ったものを早めに見つけてケアを始めてください。

レディ

ちょっとした工夫でOK

妊娠は喜ばしいことですが、妊娠線ができないか心配だという人は、クリームを塗って予防しましょう。妊娠線は乾燥によってできやすくなるので、お風呂上りにお腹や胸など、気になる箇所にたっぷりとクリームを塗ります。遅くとも妊娠5か月あたりから始めましょう。