妊娠線はクリームを付けるだけで簡単に治せる

ちょっとした工夫でOK

レディ

妊娠しても綺麗な肌を保つ

「やっと授かった赤ちゃん」「待望の妊娠」と、喜んでいるのも束の間。妊娠で女性の体は様々な変化をします。その一つに「妊娠線」というものがあります。妊娠線は、急激な体型の変化によってできてしまう肉割れのようなもの。赤紫色でびっしり残ってしまいます。赤ちゃんが成長するにつれて、お腹はどんどん大きくなりますよね。それにより、皮膚が内側から引っ張られ、皮膚の中の細胞が変化についていけずにひび割れしてしまうのです。他にも、ホルモンバランスの変化などが原因としてあげられます。ちなみにこの妊娠線。できるのはお腹だけではありません。他にも胸、腰、太もも、二の腕など、全身様々な箇所にできてしまう人もいます。そこで、妊娠線を残さないための予防法はあります。その1つとしてクリームでの保湿が効果的です。お腹が大きくなってくる5か月位から始める人が多いようです。クリームは保湿成分がしっかり入ったものを使用しましょう。妊娠線用のクリームもありますので、肌のタイプや価格など自分に合ったものを選ぶようにしましょう。使用法はとっても簡単です。お風呂上がり、気になる所にたっぷり塗ってください。妊娠線は乾燥によってよりできやすくなってしまうので、保湿がとても重要となります。クリームを塗るときは、力強くマッサージをしすぎるのはよくありません。優しくなでるように塗りましょう。これを毎日続けることで、妊娠線の予防につながるのです。習慣になってしまえばとっても簡単。ぜひお試しください。