妊娠線はクリームを付けるだけで簡単に治せる

妊娠後期が最も危険な時期

ウーマン

専用のもので早めのケア

妊娠線は急速にお腹が膨らみ始めることによって表皮が伸び、皮膚の奥に亀裂ができるためにおきる症状です。人によってできる時期に違いはありますが約80%の人が妊娠後期といわれる8〜10か月頃に、18%が5〜7ヶ月の時期に出来始めたという統計があります。中には妊娠初期から見られたという人もいますが、どちらかというと小柄な人や双子や三つ子など多胎妊娠が認められる人が多いようです。妊娠線を予防するのには体重管理が重要ですが、外側から適切なスキンケアをしてやることを併用するとかなりの確率で妊娠線を防ぐことが可能です。手持ちのクリームを利用してケアするだけでもずいぶん違いますが、妊娠線予防専門をうたっているクリームを使って早めからケアすればなお効果が期待できます。クリームの成分は製品によって変わりますが、保湿効果のある成分と皮膚の再生や細胞を活性させる効果の美肌成分を含むのが特徴です。ヒアルロン酸やコラーゲン・シアバター・セラミドといった化粧品でも良く聞かれる成分が前者にあたり、葉酸やビタミンC誘導体・プラセンタ・スクワレンなどが後者にあたります。もともと希少成分であったヒトオリゴペプチド‐1という皮膚生成に欠かせないたんぱく質の成分も大量生産ができるようになり、これを含んだ製品もあります。他にも傷跡の回復を早める成分やかゆみを軽減する成分を含んでいるクリームなどもあります。中には妊娠中の身体の冷えを改善する成分が含まれているものまであるので、自分に合った商品を見つけてケアしてください。