妊娠線はクリームを付けるだけで簡単に治せる

リスクが高い人の特徴とは

お腹

徹底的なケアで予防を

妊娠線トラブルは、多くの妊婦さんが経験するトラブルです。初めての妊娠時に妊娠線に悩む女性は、約半数。そして2回目以降の妊娠になると、さらにその確率はアップしてしまいます。多くの女性にとって身近な皮膚トラブルですが、女性たちの中には特に妊娠線に注意が必要な人もいます。特に妊娠線に注意するべきなのは、乾燥肌で悩みがちな人や、多胎妊娠をしている人です。乾燥状態は皮膚のバリア機能を低下させてしまいます。また多胎妊娠をしている人は、通常よりもお腹が大きくなりがちです。皮膚が裂け、妊娠線ができるリスクが高まってしまいます。もちろん多胎妊娠ではない場合でも、急激に体重が増加した場合には注意する必要があります。また2回目以降の妊娠では、一度伸びているお腹がより大きくなりやすい傾向があるので、注意した方が良いでしょう。こうした方に必要なのが、妊娠線を予防できる専用のクリームです。妊婦さん用に作られた製品は、特に高い保湿力を持っています。セラミドやコラーゲン、シアバターやヒアルロン酸など、保湿効果が高い成分が含まれているものを選ぶと良いでしょう。クリームの種類にもいろいろあるので、自分好みのかたさや塗りやすさのものを選ぶのがオススメです。香りにも好みがあり、妊娠中は特に敏感になりがちなので注意してください。クリーム選びで悩んだ際には、口コミ情報を参考にすると良いでしょう。オススメのクリームに関して、先輩妊婦さんたちのリアルな声を聞くことができます。